Googleドライブのデータを他のアカウントに移動する方法

Googleドライブに様々なデータを保存している人も多いと思います。これらのデータを他のGoogleアカウントへ移動するのにコピペでは出来ないので、その方法を紹介します。

Googleドライブ,移動,データ

Googleドライブにあるデータ

多くの人がGoogleドライブにデータを保存していると思います。各種ファイルはもちろんのこと、Googleフォームやスプレッドシートを使ったり、GAS(Google Apps Script)でWebアプリを作成したときもGoogleドライブにデータが保存されます。

これらのデータを他のGoogleアカウントへ移動させたい場合、普通にコピー&ペーストのような操作では移動出来ません。移動元のアカウントでローカルにデータを同期してから、同期設定を移動先のアカウントに切り替えてもデータ同期は出来ません

Googleドライブのデータの移動方法

移動する方法は、超簡単に言ってしまうと「移動元データを移動先アカウントと共有して、移動先アカウントにオーナー変更して、共有情報から移動元アカウントを削除する」といった作業をすればできます。

手順をまとめて書くと以下のようになります。

  • 移動元のデータを選択してメニューから共有を選択
  • 移動先のアカウントのメールアドレスを入力
  • 再度、共有した移動元のデータを選択してメニューから共有を選択
  • 詳細設定を開いてオーナーを移動先のアカウントへ変更
  • 同じ画面で移動元のアカウントを共有情報から削除

これらの操作を具体的に見ていきましょう。

移動元データを共有

ブラウザで移動元データのGoogleアカウントでGoogleドライブ画面を開きます。移動したデータを選択して右クリックするか、画面右上の「共有」を選択します。

すると共有先のメールアドレスを入力する画面が表示されます。

ここで、移動先のGoogleアカウントのメールアドレスを入力します。

このときに詳細画面が表示される場合もありますが、そのときは画面下部に入力フィールドが表示されているので、そこに移動先のGoogleアカウントメールアドレスを入力してください。

入力したら完了ボタンを押します。

共有したデータのオーナーを変更

移動したいデータを共有できたら、共有先(移動先)にメールが送信されて共有情報に移動先アカウントが表示されます。

再び、先程共有した移動元データを選択して右クリックするか、画面右上の「共有」を選択します。そして詳細設定の画面を表示します。

画面のアクセスできるユーザー欄に移動先アカウントが表示されます。この移動先アカウントをオーナーに変更します。一覧表示の右にある変更メニューからオーナーを選択します。

移動先アカウントがオーナーになると移動元アカウントは編集者に切り替わります。

移動元のアカウントを共有情報から削除

この画面のままオーナーが変更されたのを確認したら、アクセスできるユーザー一覧から移動元アカウントを削除します。移動元アカウント表示右の「x」をクリックして削除します。

これでデータの移動は完了です。

まとめ

Googleドライブに保存されているデータは、通常PCやMacを使ってファイルを移動するような操作では移動できないので少し面倒かもしれませんが、データがアカウントに紐付いて管理されているためオーナー変更が必要なんですね。特にGoogleフォームやスプレッドシートは、ブラウザからURLを入力すればどこにいても操作したり編集したり、プログラミングしたりできるので、Googleアカウントと紐づけされているのもわかります。そしてそれだけデータを安全に扱えるんですね。データの移動方法が分からずに困っている人もいると思うので参考にしてください。