初心者でもできるGoogle Apps Script入門 – はじめての学習まとめ

Google Apps Script(GAS)はGoogleフォームやスプレッドシートに機能を追加するなどにとても便利なスクリプト言語なので使ってみよう!

Googleの様々なアプリを拡張

皆さんもご存知のようにGoogleアカウントを持っているとGoogleフォーム、スプレッドシート、ドキュメントなど様々なツールが無料で使用できます。基本的にこれらのツールはクラウドにあるGoogleドライブを使って利用します。インターネットを通して編集・閲覧・共有して活用します。

デフォルトで提供されている機能だけでもこれらを利用するといろんなことができます。しかもこれらは全て無料です。さらにデフォルトで用意されている機能以外にも「あれがしたい、これがしたい」といったこともGASを使うと出来てしまうことが多くあります。

例えば、よくあるのがスプレッドシートをデータベース代わりにして、Webページを使って入力や出力処理を行うこともできます。またフォームと連携して会議室などの予約システムを作ることもできます。

そんなGASとはどういったものなのか、基本的な使い方をまとめます。

Google Apps Scriptとは

GASはGoogleが提供するサーバー側で動作するスクリプト言語です。Googleが提供するあらゆるツールと連携して統合処理できるスクリプトです。

Google Apps Scriptサイト

先程も少し触れたようにフォームと連携して予約システムを作ったり、スプレッドシートをデータベース代わりにして様々な処理をすることもできます。

Google Apps Scriptの使い方

GASの基本的な使い方を説明します。GASを各ツールと連携して使用する場合は各ツールのメニューから呼び出してスクリプトを編集しますが、ここではGASを単体で利用する場合を想定した使い方を説明します。

GASを使うにはGoogleアカウントが必要なので持っていない方は取得してください。

それではブラウザでindex.htmlの内容を表示するGASを作成してみましょう。これはWebサーバーをホスティングしなくともGASを使えばインターネット経由でHTMLファイルを表示できるサンプルとなります。

GAS利用手順

① ブラウザでGoogleアカウントでログインしてGoogleドライブにアクセスしてください。

② Googleドライブ画面の左上にある「新規」をクリックしてメニューを表示し、「+アプリを追加」を選択します。

③ アプリのリストが表示されるのでその中にあるGoogle Apps Scriptを選択します。

④ 選択したら表示される画面上の接続ボタンをクリックします。するとGoogle Apps Scriptアプリが追加され、Googleドライブで利用できるようになります。

⑤ 再びGoogleドライブ画面の新規をクリックし、今度はメニューに「Google Apps Script」が表示されるので選択します。

⑥ すると無題のプロジェクトとしてGASの編集画面が表示されます。ひとまずタイトルには「Sample」とでもしておきましょう。

⑦ 次にブラウザで表示するためのindex.htmlを作成します。GAS編集画面の「ファイル」-「新規作成」メニューから「HTML」を選択します。そして、作成するファイル名のテキストボックスに「index.html」と入力します。

⑧ index.htmlの編集画面が表示されるので、以下の内容を入力して保存します。

<!DOCTYPE html> <html>   <head>     <base target="_top">   </head>   <body>     <p>Hello World !</p>   </body> </html>

⑨ 次にGASを編集します。左のファイル欄にある「コード.gs」を選択し、編集画面を表示します。そして、以下のように入力します。

function doGet() {   return HtmlService.createTemplateFromFile('index')     .evaluate()     .setSandboxMode(HtmlService.SangboxMode.IFRAME)     .addMetaTag('viewport', 'width=device-width, initial-scale=1')     .setTitle('sampleページ'); }

doGet()関数によりHTMLの表示を指定します。表示するHTMLファイルを関数の返却値に設定します。

⑩ 作成したページを公開してブラウザで表示できるようにします。GAS編集画面の「公開」-「ウェブアプリケーションとして導入…」を選択します。

⑪ 導入ボタンを押すとアクセスするためのURLが表示されます。ブラウザでこのURLにアクセスすると上記で作成したindex.htmlが表示されます。

ブラウザの画面に「Hello World !」と表示されましたか?そして、GASで作成したページはブラウザで表示したときに画面上部に「このアプリケーションは、Googleではなく、別のユーザーによって作成されたものです。」と表示されます。残念ながら、このメッセージは削除できません。

最後に

こうやってGASを使えばWebサーバーをホスティングせずとも独自に作成したHTMLファイルも表示できるので、例えばGoogleフォームではできないようなフォームの処理も独自にフォームを作成して処理することができます。