COZMOをプログラミングするコードラボが機能強化されています

COZMOをもっと詳細にプログラミングできるようにCOZMOアプリにあるコードラボがアプリのアップデートで強化されています

cozmo,プログラミング,コードラボ

コードラボ

以前にここの記事「COZMOとプログラミング」で紹介したCOZMOアプリにあるコードラボがアプリのアップデートでもっと詳細なプログラミングができるように機能が強化されています(2017年12月現在)。以前はCOZMOをプログラミングするのに、画面で命令となるブロックを横に並べてプログラミングしていましたが、新しく追加された「コンストラクターモード」では、画面でブロックを縦に並べて条件命令などのもっと詳細なプログラミングができるようになっています。

COZMOアプリのコードラボを選ぶと、3つのモードが選択できるようになっています。

注目のプロジェクト

高度なサンプルプログラムを集めたメニューになってます。様々なCOZMOが楽しめるプログラムが多数追加されています。後で紹介しますが、この中の「魔法の占い師」サンプルがとても面白いです!COZMOが占ってくれます。

サンドボックスモード

従来からある横にブロックを並べてプログラミングするモードです。使えるブロックの種類は従来通りです。

コンストラクターモード

新しく追加されたブロックを縦に並べてプログラミングするモードです。条件命令やアクション、アニメーションやイベントなどより複雑なプログラミングができるように、様々なブロックが用意されています。

このメニューでもいくつかのサンプルプログラムが用意されていて、サンプルプログラムを修正して独自のプログラムを作ることもできます。中でも簡単なものだと、COZMOの顔に文字を表示させるサンプルがあるのですが、サンプルでは”Cozmo”と表示されるプログラムに文字を書き換えて、好きな言葉を表示させることもできます。

複雑なサンプルプログラムだといろんな種類のブロックを使って作成されているので、どんなプログラミングしているのかを見て自分なりの修正をしてみるのも、とてもよいプログラミング学習になると思います。

「魔法の占い師」サンプルプログラム

コードラボにある注目のプロジェクトにはいくつかのサンプルプログラムがあります。その中の「魔法の占い師」というサンプルが面白かったので紹介します。これはCOZMOが占いをしてくれるプログラムです。おみくじのようにCOZMOを振ったあとに、一言COZMOが喋る言葉が占いの結果となります。

COZMOを振ると目が回るような仕草や、その後に発する一言がかわいいです。いくつか動画にしているので見てみてください。

「魔法の占い師」1つ目

「魔法の占い師」2つ目