初心者でもプログラミングが学べるSwift Playgroundsとは?

iPad用としてAppleから提供されているSwift Playgroundsというアプリは、初心者でもプログラミングを学ぶことができるアプリということで使ってみました

Swift Playgroundsとは?

プログラミング言語のSwiftをゲーム感覚で楽しく学べるアプリです。Swiftを学ぶアプリと言っていますが、それ以上にプログラミングを学習する感じのアプリです。プログラミングに触れたことのない初心者でも直感的にプログラミングを行い学習していきます。プログラミング学習で定番となっているブロックを並べるプログラミング学習ととてもよく似ていて、ブロックのようにコマンドを並べて、それを実行し表示されている課題を解決していくようになっています。コマンドや関数、繰り返し、条件文などプログラミングに必要な要素を最初からじっくりを学習していき結果Swiftをできるようになっています。よく考えられていると思います。

このアプリはApp Storeからインストールしたあと、目的の項目をダウンロードして実行します。ダウンロードした項目の課題を1つづつクリアして学習していきます。

ブロックのようにコマンドを並べるというのは、コーディングするスペースにコマンド(関数)を並べて実行します。課題に応じて関数を定義したり、繰り返し文や条件文を使ったりもします。

課題によっては内容を説明している文章が長く複雑なものもあり、相当の読解力も必要かと思われます。またコマンドやプログラム文は英語なので、そういったものに抵抗のある小学生は誰のサポートもなく1人で実行するのはやや難しいのではないかと思います。コーディングして課題をクリアするのが好きな小学生はそんなことは関係なく実行するとは思いますが。

むしろ、ちょっとした英語の勉強になったり、プログラム言語に慣れるきっかけとなる可能性は大いにあります。すでにこのアプリは教材として利用されているようなので、教師やインストラクターの指導のもとやるのもいいでしょう。

課題もよく考えられていてしっかりと学習できるようになっていると思います。まだ、Swiftの基本を少し実行しただけなので、いろいろいじってみてまたレビューしようかと思います。

興味があれば大人の方も是非やってみてください。面白いアプリかと思います。